代表取締役社長

​鬼塚忠(おにつかただし)

プロフィール

 鹿児島大学卒業。大学在学中から世界放浪の旅を始め、卒業後も就職せずに5年間かけて世界各地で働きながら、40カ国を放浪の旅をする。

 帰国後は、1991年より南日本新聞で旅行記を連載し、紀行作家としてデビューする。

 1997年より、海外作家の版権エージェント会社イングリッシュ・エージェンシーに勤務。海外作家のエージェントとして日本の出版社に翻訳権を売り込む仕事に従事。担当は映画原作小説。アスリートやミュージシャンの自伝など。

 2001年、日本人作家の著作権エージェント会社であるアップルシード・エージェンシーを設立。多くの作家を発掘し、ベストセラー作家を育てる。得意なジャンルは、ビジネス・ノンフィクション・実用・自己啓発など。

​ また、自らも小説などを書いている。小説は9作書き、8作が映像化(6作が映画化、1作がテレビドラマ化、1作が映画化進行中)されている。        

​著作

映画化作品

『花戦さ』(角川書店)2017年全国公開  第41回日本アカデミー賞 優秀作品賞 他8部門優秀賞受賞

   出演:野村萬斎・市川猿之助・中井貴一・佐々木蔵之介・佐藤浩市 

『海峡を渡るバイオリン』(2004年11月放映)共著 フジテレビ45周年記念テレビドラマ化 文化庁芸術賞優秀賞受賞

   出演:草彅剛、菅野美穂、田中邦衛、笑福亭鶴瓶

ラジオドラマ化作品

 * 『海峡を渡るバイオリン』(2005年2月放送 NHK第2放送)

 

マンガ化作品

 * 『海峡を渡るバイオリン』(ビッグコミック連載「天上の弦」 山本おさむ原作)

 * 『Little DJ』(ポプラ社)

 

舞台化作品

 * 『カルテット!』 (河出書房新社) 2012年4月東京・グローブ座にてミュージカル化

 *    『花戦さ』(角川書店) 2015年11月「鹿児島国民文化祭」

                                                        2016年8月東京・伝承ホールにてミュージカル化

主なエージェント実績

1/1

​ガイアの夜明け

AERA「現代の肖像」など

メディア紹介履歴